Wayback Machineを使って消滅した過去記事を復元してみた話

wayback-machine-logoこのブログの本当の始まりは2011年9月で2012年6月までの間に約90の記事を投稿していましたが、ドメインが失効してしまい、約90記事は全て消滅してしまいました。

自分の手元にもデータは残っていないので、復元する事は不可能だと思っていました。
実際、内容も古いし復元したところでって思いもありました。

しかし、過去の記事が外部サイト様からシェアされていたようで、そこ経由で過去記事へのアクセスがまだある事を知りました。
そこで私は、なんとか過去記事を復活する事はできないだろうか?と思い、調べた結果、Wayback Machineを使い見事に復活させる事が出来たのでその方法をご紹介したいと思います。

Wayback Machineとは?

Wayback Machineとは、1996年から始まり約850億ものウェブサイトのアーカイブを見ることができるサービスです。
運営元はインターネット・アーカイブという団体で「人類の知識と遺産を保存してそのコレクションを公開する」する事を目的としているとのこと。(かっこいい!)

Internet Archive: Wayback Machine

使い方は上記URLから調べたいURLを入力するだけ。

実際にhazilog.comを調べてみる

このように保存されているところが青印が入って保存されている箇所がひと目でわかるようになっています。
internet_archive_wayback_machine
保存されているところをクリックすると、選択した日付のウェブサイトが表示されます。

実際に2012年5月4日を表示してみました。
nexusdays
な、なつかしい…。
こんなんだったよなーと記憶が蘇ってきます。
このように当時の内容がそのまま保存されているので、あとは記事の内容を(手動で)復元するだけです。

まとめ

ソースを表示して、当時の画像を保存して記事を作って…。と作業をこなした結果。
無事に記事を復元する事に成功しました!

Wayback Machineの本来の使い方ではないのかもしれませんが、過去のウェブサイトを保存してくれていたおかげです。
google_1996年ですから、今から20年前の有名サイト、GoogleやYahoo、YouTubeなどの当時ってどうだったんだろうと調べてみると面白いです。

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked"

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.