TWRPの公式Androidアプリ「Official TWRP App」がリリースされたのでさっそく試してみました(要root)

Android端末のカスタムリカバリーで有名な「TWRP」がAndroidアプリとして登場しました。
TWRPを作っているTeam Win名義の公式アプリです!

Official TWRP Appでできること

Official TWRP Appで出来ることは以下

  • 各デバイスに合わせたリカバリーイメージのダウンロード
  • ダウンロードしたリカバリーイメージをフラッシュする
  • リカバリーイメージの更新チェック(自動)
ずばり、パソコンで行っていたリカバリーイメージのダウンロード、flashをアプリ内で済ます事できます。
パソコンでコマンドを入力して…といった作業が不要になり、すごく楽にリカバリーイメージをflashする事ができますね。

インストール

Google Playからインストールできます。

Official TWRP App
Official TWRP App
Developer: Team Win LLC
Price: Free+

設定や使い方

起動画面

立ち上げるとすぐに同意を求めるチェック項目が3箇所あるのでチェックをいれてOKを。

TWRP FLASH

TWRPをフラッシュするデバイスを指定します。

別端末のリカバリーイメージもダウンロードできちゃいますが、意味がないのでやめておきましょう。僕はしっかりとNexus 5Xを選択。
端末を選択すると使用できるリカバリーイメージ一覧が表示されるので、それを選択するとダウンロードできます。

あとはFlash To RecoveryかFlash To Bootを選択することでリカバリーイメージをフラッシュすることができちゃいます。
非常に優秀。

Flash To RecoveryとFlash To Bootの違い

簡単に説明すると、Flash To Recoveryはリカバリー領域をTWRPに書き換えることで、リカバリーを起動すると毎度TWRPが起動します。
Flash To Bootは、一度だけリカバリー領域をTWRPにすることで、2度目移行は通常のリカバリーが起動します。
root化やカスタムリカバリ-を導入するとOTAが失敗する為、標準環境に戻すという事があるのですが、Flash To Bootを使うことによって標準環境に戻す作業を行わなくて良いというメリットがあります。

NETWORK STATISTICS

これはアプリを使用しているネットワークの統計ですかね。
あまり気にする必要性はなさそうです。

右上の設定ボタン

TWRP FLASHやNETWORK STATISTICSに入ると、右上に設定ボタンがありますね。
この設定ボタンからリカバリーイメージの更新があるかを確認することができ、更新なしから7日ごとに確認と、アップデートの確認頻度を設定できる親切設計。

まとめ

非常に簡単にカスタムリカバリーTWRPを導入できるのですごく便利なアプリです。このアプリがあるとパソコン不要になるという点も非常に優秀です。
ただ、リカバリーを入れ替える頻度も少ないので常時インストールしておく必要はないかもしれませんね。

Official TWRP App
Official TWRP App
Developer: Team Win LLC
Price: Free+

その他のrootアプリはこちら

【2017年版】Androidのroot取得後に入れたいおすすめ要rootアプリ

2016.12.15

【2016年版】Androidのおすすめアプリ

2016.12.13

コメントを残す