Trancend「JetDrive Lite 360」の256GBでMacBook Proの内蔵SSDの容量不足を解消

JetDrive Lite 360僕が愛用しているMacBook Pro 15 (mid2015)の内臓SSDの容量は512GBなんですが写真とか動画とか色々なファイルをとりあえずMacBook Proに突っ込んでいたら遂にこうなりました。

JetDrive Lite 360容量不足を解決する為にクラウドや外付けのポータブルHDDの購入も検討しましたが見た目がスマートなTrancendの「JetDrive Lite 360」の256GBを購入しました。

JetDrive Lite 360はこんなやつ

JetDrive Lite 360めちゃくちゃ小さい。

この小ささは何の為にあるのかというと、MacBook ProのSDカードスロットにツライチで収まるように出来ていて、常時挿しっぱなしでも全く気にならないスマートさを実現してくれます。

JetDrive Lite 360

JetDrive Lite 360ピッタリすぎて取ろうと思っても手間取るレベル。

JetDrive Lite 360上から見るとこんな感じ。MaxBook Proに付属してるSDカードスロットのフタかな? レベルのスマートさ。完璧です。

JetDrive Lite 360をフォーマットしましょう

JetDrive Lite 360パッケージを開封してそのまま使用してもなんら問題はないのですが、MacBook Proに常時挿しっぱなしの運用になるのでディスクユーティリティでexFATフォーマットからMac OS拡張(ジャーナリング)にフォーマットしなおしました。

JetDrive Lite 360のスピードテスト

形式的にスピードテストもやってみました。
JetDrive Lite 360 DiskSpeedTest

  • テスト結果:WRITE 51.8MB/s READ 88.1MB/s
  • カタログスペック:最大書込速度60MB/s、最大読出速度95MB/s
まぁこんなもんでしょう。試しに10GBほどコピーしてみたら数分で終わったので「はやっ」って声でた。

まとめ

というわけで、見た目はSDカードスロットにフタがついただけなのにMacBook Proの容量を256GBも増やすことができて大満足。

ちなみにTrancend「JetDrive Lite」にはいくつかサイズのラインナップがあって、MacBookの型式によってサイズが違うので間違わないように注意が必要です。

ラインナップ

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked"

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.